任意整理

 

■ 手続きの流れ

①ご相談
お電話又はメールをいただいた後、お話をうかがいます。
手続きの内容と費用についてご納得いただいてから、正式にご依頼を承ります。
        
②受任通知の送付
お客様からご依頼を受けたという「受任通知」を借入先(消費者金融、信販会社など)に文書で通知します。
この時点で借入先からの督促と支払いがストップします。
        
③借入金残高の調査
不当な高利率の利息を払っていたかどうか、利息制限法所定の利率で再計算します。その結果、『払いすぎた利息』がある場合には、その『払いすぎた利息』を借入金の返済に充てたものとして、本来支払うべき正しい借入金残高を計算します。
        
④借入先と交渉
お客様と「月々の返済額、返済方法、返済期間」などの返済計画を立てます。
返済計画をもとに、借入先と交渉し、和解契約書を交わします。
        
⑤借入金の返済
お客様は、和解契約書に従って借入金を返済していくこととなります。

 

■ メリット

個人再生や自己破産と異なり「裁判所を利用する手続き」ではありません。

そのため、手続きが比較的簡単です。

 

すべての借入先を対象とする必要がありません。

利息の高い借入先だけを相手に整理することができます。

 

■ デメリット

信用情報機関にブラックリストとして掲載されます。

そのため、5年~7年は新たな借金、ローンを組む事、クレジットカードの作成などが制限されます。

 

■ 料金について

債務整理について詳しく知りたい方へ

債務整理を詳しく知りたい方はこちら

 

■ 費用のお支払方法

あすな法務事務所は日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助を推奨しております。

民事法律扶助とは、法テラスが、裁判費用や司法書士報酬などを支払う余裕がない方に対して、その費用を無利息で立て替えてくれる制度をいいます。

お客様は、立て替えてもらった費用を、生活に支障のない程度の金額を毎月法テラスに分割返済することとなります。

但し、この制度をご利用する場合には、事前に審査があり、誰でもご利用でき訳ではありませんのでご注意ください。

   

法テラスの利用ができない場合、あすな法務事務所へのお支払いを分割ることができます。