借金問題(債務整理「任意整理」「個人再生」「自己破産」)

 

■ 債務整理とは

債務整理とは、借金などの多重債務問題を整理して、ご自身の生活を再建させるための手続きです。「任意整理」「個人再生」「自己破産「過払い金返還請求」などの方法があります。

 

 

過払い金返還請求 →過払い金返還請求の詳細はこちら

不当な高利率の利息を払っていた場合、利息制限法所定の利率で再計算します。

その結果、『払いすぎた利息』が『借入金残高』より大きい場合には、『払いすぎた利息』から『借入金残高』を差し引いた分を取り戻す「過払金返還」ができます。 

 

任意整理 →任意整理の詳細はこちら

任意整理とは、裁判所を通さずに、司法書士がお客様の代理人として借入先(消費者金融、信販会社など)と直接交渉します。

お客様が実行できる返済計画を立て、借入先と和解する手続きです。

債務整理で、最もよく利用される手続きです。

 

個人再生 →個人再生の詳細はこちら

個人再生とは、裁判所を通じて借入金残高を減額してもらう手続きです。

減額後の借入金残高を原則として3年間で支払うこととなります。

一定の条件を満たせば、住宅を手放さずに手続きをすることができます。

借入金額が多く、任意整理では返済のめどが立たない場合に利用される手続きです。

 

自己破産 →自己破産の詳細はこちら

自己破産とは、裁判所で支払不能の状態であると認められた後、借入金の支払義務を免除するという許可決定をしてもらう手続きです。

住宅などの財産は、お金に換えて借入先に分配されるため、手放すこととなります。

 

債務整理手続きをくわしく知りたい方は



債務整理の手続きの流れ