定款認証・電子定款作成

 

■ 定款電子認証のみ・電子定款作成のみをご希望の方

会社設立手続き費用節約のため、定款作成以外の手続きは自分でしたいなど、お気軽にご相談ください。

 

■ 定款の電子化について

株式会社・合同会社を設立する場合には、定款の作成が必要です。

株式会社は、定款を作成し、公証役場にて定款の認証手続きを行います。

合同会社は、定款の作成のみで、株式会社のような認証は不要です。

 

これまで、定款は「紙」で作成されてきましたが、「電子データ」として作成することもできるようになりました。

「紙で作成したもの」と「電子化したもの」の効力が変わるわけではありませんが、電子化すると印紙代4万円が不要となります。

 

■ 定款の電子化の流れ

電子定款作成(株式会社合同会社)

具体的には、ワードなどで作成した定款データを、専用ソフトで電子ファイル(PDF)の形式に変換し、これに発起人の電子署名を付する、という形で作成されます。

当事務所では、司法書士・行政書士が代理人として電子署名を行います。

合同会社は、電子署名した定款データをCD-Rなどで保存します。

株式会社は、次の 電子定款認証へすすみます。

 

定款電子認証(株式会社のみ)

●電子署名を行った後は、法務省のオンライン申請システムを利用して公証役場に認証を依頼します。

公証人の電子定款の認証が終了した後に、公証人手数料と引き換えにデータを保存した記録媒体(CD-Rなど)を受け取ります。

 

●電子定款の認証を公証役場に依頼するときに、紙の謄本を請求しておきます。

これは、認証又は確定日付を付与した電子文書の謄本提供<同一情報の提供>といい、公証人の電子定款の認証が終了した後に、電子データである定款原本を紙に出力し、公証人による認証文が付されている紙の謄本を取得します。

紙の謄本を取得する理由は、実務上、「登記申請用」や「銀行提出用」などのために紙ベースで必要となる場合があるためです。  

 

■ 料金について

■ 会社設立後のお手伝い

当事務所では、一度ご依頼いただいた会社様のデータは保存・管理させていただいておりますので、会社設立した後に定款内容等に変更が生じた場合にご連絡いただければ、直ちに対応いたします。どうぞお気軽にお問合せください。