合同会社 設立

 

■ 合同会社設立のメリット

合同会社は、平成18年の会社法改正で有限会社が設立できなくなった代わりに創設された新しい会社形式です。

個人経営の会社に適している形態です。

合同会社は一般的に次のようなメリットがあります。

設立費用が安い。

決算公告義務がない。

役員の任期がない。

剰余金の分配制限がない。

合同会社最大のメリットは、「設立費用が安い。」です。

実費が、株式会社は20万円かかるのに対して、合同会社は6万円です。


■ 株式会社と合同会社の違い

 

■ 手続きの流れ

【お 客 様】①「会社設立アンケート」の記入
はじめに「会社設立アンケート」をお渡しいたします。
アンケートには、設立予定の会社の概要(商号・本店所在地・代表社員・出資金など)の記入欄 がございます。
決まっている範囲でご記入していただきます。
        
【当事務所】②書類作成
当事務所で「会社設立アンケート」をもとに会社定款、その他必要書類を作成いたします。
        
【お 客 様】③書類内容の確認と押印
当事務所で作成した会社定款、その他必要書類をお客様にお渡しします。
内容をご確認頂き、これらに発起人(代表社員)となる方の実印を押印していただきます。
        
【当事務所】④電子定款作成
合同会社は定款の作成のみで、株式会社のような認証は不要です。
当事務所で、定款作成を行います。
電子定款作成に対応しておりますので、印紙代4万円が不要になります。
→電子定款作成のみをご希望の方はこちら
        
【お 客 様】⑤出資の履行
電子定款作成が完了しましたら、お客様は、代表社員名義の銀行口座へ会社の出資金相当額をご入金してください。
入金後、出資金が振り込まれた通帳の写しをお預かりします。
また、登記に必要な書類に会社の実印を押印していただきます。
※登記費用をお預かりさせて頂きます。
約6万円です。(内訳は、下記「■ 料金について」をご覧ください)
       ⇩
【当事務所】⑥設立登記
当事務所が会社設立登記を管轄法務局に提出いたします。
※登記申請日が、会社設立日となります。(土・日・祝日は申請できません)

■ お客様でご用意いただく書類 

ご依頼者様(代表者となる方)のご本人様確認のできる公的資料(運転免許証等)

代表社員の実印、印鑑証明書 各1通

会社実印

 

■ 料金について

 

 

■ 会社設立後のお手伝い

当事務所では、一度ご依頼いただいた会社様のデータは保存・管理させていただいておりますので、会社設立した後に登記内容等に変更が生じた場合にご連絡いただければ、直ちに対応いたします。どうぞお気軽にお問合せください。