古物商許可申請

 

 ■ 古物商許可申請とは

 古物商許可と言えば、一昔前までは質屋や美術品商などが必要とする許可で、あまり馴染みのないものでした。しかし近年ではリサイクルショップやネットオークションで中古品売買の商売をしている人も多くなり、古物商許可申請も多くなりました。
 リサイクルショップやネットオークションを行っている人は原則として古物商許可が必要ですが、フリーマーケットやヤフオクなどで商品を出品している人はたくさんいます。その全ての人が許可を取らなくてはいけないわけではありません。
古物商許可が必要なのは、「古物」を「業」として販売する場合に限ります。

  ■「古物」とは
  古物商許可が摘要される「古物」とは、古物営業法第2条で次のように定義されています。
   ■一度使用された物品(中略)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの    又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

 

 ■ 「業」とは

    「業」として行うというのは、利益を出そうという意志があるということと、ある程度     の継続性があるということです。

 

 

 ■ 手続きの流れ

 ①お問合せ
  お電話又はメールをいただいた後、打合せ日時の設定をさせていただきま
  す。
         
 ②打合せ・無料診断
 許可を取得するための要件を満たしているか、必要書類を揃えることがで
  きるか等を無料で診断いたします。
 個人か法人かにより必要書類などが若干異なります。
        
 ③必要資料の収集
  お客様に必要資料を準備していただきます。
 必要資料は、当事務所で代理取得できるものもあります。ご相談ください。
        
 ④申請書類の作成・申請
 当事務所で、お客様に準備して頂いた資料をもとに、申請書類一式を作成
  します。
 お客様に申請書類一式の内容について確認後、押印していただきます。
 申請書類一式及び添付すべき資料を管轄警察署に提出します。
         
 ⑤本審査・許可取得
  管轄警察署にて申請内容の詳細が審査されます。
  約40日後に審査完了し、古物商許可通知書が発行されます。

    →その他建設業関連の申請等はこちら

 

 ■ 費用について                     実費は、管轄役所に支払う

   ※手続きにかかる費用は、報酬と実費の合計額となります。  許可手数料です。↓

内容 法人・個人 報酬(税抜) 実費(非課税)
古物商許可申請
個人 50,000円  19,000円
法人 60,000円  19,000円

 

 

 

 

  

   ※資料(謄本など)の代理取得の実費、郵便切手代などの費用は、別途かかります。

 

◆営業エリア (福岡県・佐賀県全域及び周辺地域に対応)

  • 【福岡県】
      八女市、八女郡広川町、久留米市、筑後市、柳川市、大川市、
      三潴郡大木町、みやま市 ほか
  • 【佐賀県】
      鳥栖市、三養基郡基山町 ほか