民事信託(家族信託)サポート

 


民事信託(家族信託)とは

従来の民法や裁判所の考え方から脱して、自由な財産管理・遺産承継の手法としての制度・法律が注目されています。
 それが「民事信託(家族信託)」です。

民事信託(家族信託)の特徴は、それぞれのご家族に合った財産管理や遺産承継の形が作れ、オーダーメイドで柔軟な資産承継の形を作ることができる点です。

 

相続手続きを詳しく知りたい方は

 

民事信託(家族信託)について

■ 民事信託(家族信託)をするケースとして下記の例があります。

 

認知症対策型信託

財産所有者が認知症になったときに、後見人をつけると財産が凍結されて、最低限の管理・保全のみしかできなくなってしまうことを危惧している場合。


不動産売却型信託

親を呼び寄せたり、介護施設に移すために、実家を売却して諸費用に充てたいが、親が認知症になると、売却が困難になってしまう場合。

 

障がい者支援型信託

親族に障がい者や「ひきこもり」など自立生活が困難な者がおり、長期にわたって継続的に遺産を給付したいが、現行制度では難しい場合。

 

遺言機能包含型信託

親が遺言を書くことに抵抗を持っていて、遺言を書いてくれない場合。

 

共有状態解消型信託

不動産が既に複数人での共有状態となっており、何をするにも全員の印鑑が求められ管理が面倒であり、将来における更なる分散が不安な場合。

 

ペット信託

ペットを飼っているが、入院や施設への入居、死亡など自分が世話をできなくなった場合、世話をする人がいなくて殺処分にならないか心配している。

 

■ 料金について